So-net無料ブログ作成

竹内まりや「人生の扉」(2) [音楽]



 第三章   自身が語る物語
.


アルバムDenim」 / ジャケット撮影現場にて

D e n i m (初回限定盤)
初回限定盤のみスペシャル2枚組仕様!ファンからの要望が高かった
アルバム未収録曲6曲(他のアーティストへ提供したセルフカバーを中心に、
過去にシングルのみで発表されたカップリング曲など)をリマスターした
ボーナスディスク「Vintage Denim」付きの2枚組となります。
メイン盤は ヒット・シングル「返信」、「シンクロニシティ(素敵な偶然)」、
「スローラヴ」、「明日のない恋」に、NHK「SONGS」で話題の「人生の扉」、
松たか子へ提供した「みんなひとり」のセルフカバーを加えた全12曲で構成
■WPCL-10407   ¥3,059(税込)


□■ NHK「SONGS」 ■□
大人の心を震わせる新しい音楽番組です。
1960年代から現代に至るJ-POP の名曲を中心に、
クオリティの高いサウンドと映像で “いい歌をたっぷりと”
お届けします。(NHK・ホームページによる)

 

「SONGS/竹内まりや」 では、その大半を
彼女自身による語り で進行している。


その声は、かつて聴いたどんな声とも違っていた。
名うてのアナウンサーや名女優も顔色なしの、
美しく安定したトーンで語られる彼女自身の物語


回 その放送台本が手に入ったので、
彼女の語り部分の完全採録を試みた。

     

 

    ◆  ◆  ◆ 

 



「SONGS」第1回目は、わたくし竹内まりやの音楽

お届けします。 

 

八ヶ岳音楽ホール を訪れた 竹内たちの映像が流れ・・・・・

今の私の大切な歌…その世界を表現するために、今回

私は、自然の中にある素敵な音楽ホールを訪れました。

 

新曲「人生の扉」 が小音量で  “語り” に かぶってくる


そして、美しい桜の風景にも出会いました。




この機会に、今までどんな気持ちで生きてきたのか、

そして歌ってきたのか、私の人生と音楽について

今夜語ってみたいと思います。

音楽 ぐっと大きくなって タイトル


「SONGS/第1回 竹内まりや ・ 人生の扉

楽曲、小音量に戻って・・・・・

 


私はいま 52歳です。

新しい扉がひらけたな と感じています。

そんな今の私の気持ちを歌にしたのがこのメロディー、

「人生の扉」という歌です。

今一番大切にしている歌、今夜はこの「人生の扉」を、

のちほど じっくりお届けいたします。

 い

    ◆  ◆  ◆ 

。。

50代になって、ちょっと今までとは人生が違って見えてきた私。

音楽に対しても同じです。

肩の力が抜けてきたというのか、あせらず争わずスローな気分

で、好きな音楽を心から楽しめるようになってきました。

10代の頃からやってきたバンドという形もあらためて新鮮、

・・・・そんな気持ちが表れたこの歌をまず聴いてください。   

 

シンクロニシティ(素敵な偶然) のミュージックビデオ 流れる。
http://www.youtube.com/watch?v=Ww2qVfU_ABc&feature=related
.
.

シンクロニシティ.jpg


。 

武内アナによる 竹内まりやの略歴 紹介。



  


      ◆  ◆  ◆

去年、私は「出口のない海」という映画の主題歌を書きました。

その完成試写会で出会ったのが ヒロイン 「上野樹里」 さん、

・・・・・・目がとても印象的でした。

。。

上野5.jpg

二十歳の彼女と話をしてみて、世代を超えて 何か通じ合う

ものを感じました。

それならば、私が主題歌として書いた「返信」という曲の

ミュージックビデオも、ぜひ彼女で撮りたいと思ったのです。

上野樹里へのインタビューシーン。

続いて 「返信」 のミュージックビデオが流れる。

上野6.jpg

 

私が上野樹里さんくらいだった頃・・・・20代、23歳でデビュー

して 一度仕事を辞めるまでの3年間は、毎日ドタバタしていて、

たくさんの悩みをひとりで抱え込んでいました。

音楽をやる楽しさより、音楽以外の仕事をする しんどさ のほう

が大きくなって、自分がいったい何のために頑張っているのか

分からなくなっていたのです。

でも今考えると、その頃いろんな仕事をして、たくさんの人たちに

出会って、様々な世界を見ることが出来たから今があるんだなあ

と、素直に思えます。

自分が本当にやりたいことと、やりたくないことが はっきりと

分かりました。

人生って、無駄なものは何もないんだなあと つくづく思います。

   ◆  ◆  ◆

「みんなひとり」 の歌とともに 松たか子 登場。


こんばんは 松たか子です。

私は去年、まりやさんに
「みんなひとり」という曲をプロデュースして
書いて頂きました。

歌  ぐっと大きくなる。 



 

(歌、小さくなって……)

最近、私が出会ったもう一人の素敵な女性が「松たか子」さん。

間もなく30代を迎える彼女と楽しいコラボレーションができました。


 
松たかこ.jpg 


松たか子へのインタビュー

続いて 松自身による手紙朗読へ。

竹内まりや様 お元気ですか。
去年、「みんな ひとり」という素敵な曲で一緒に仕事ができたことは、私にとって大きな経験になりました。(中略)  まりやさんは曲を先に書くのでしょうか。 それとも 詞先(しせん)ですか。
私は先日 自分のアルバムの楽曲で (中略) どんな言葉乗せても どこかしっくり来なくて、久々に詞を書くのに行き詰まってしまいました。まりやさんが、どのように ひとつの曲を仕上げていくのか興味があります。そして、行き詰まったとき、どうやってそれを乗り越えるのか教えていただけるでしょうか。   2007年 春    松たか子

 

【竹内まりやの返信】

松たか子様、 お手紙ありがとう。
私が作った曲を素敵に歌ってくださって心から感謝しています。  
私自身が歌づくりの本当の面白さに目覚めたのは、ちょうど
松さん
の年齢の頃、30代の初めでした。
子育てに追われる生活の中で持つほんの短い作曲の時間は、
家庭とはまた別の意味での大切な生き甲斐でもありました。
テーマを決め、メロディ-を探し、全体の構成が整うと、
次に言葉を当てはめていきます。
(楽しさと苦しさがセットになった作業ですが)  このごろでは、
日本語の深さや美しさを探すことが、とりわけ面白くなっています。
誰にでも分かる平易な言葉を連ねていって、
最終的に
“情景が見えるような歌”を作るのが理想なんですけれど、
これが なかなか難しい。  
行き詰まったときは、すべてを放り投げて、ふて寝しちゃうことも
しょっちゅうです。
でも、“歌づくり”って 難しいから燃えるんですよね。
またぜひ 一緒に何かやりましょう。   
平成19年春   竹内まりや


スローラブ.jpg     

スローラブ」 の ミュージック・ビデオが流れる。

(曲が終わって)

私は30代の終わりの年に、エッセーを載せた

写真集を出しました。

メディアにあまり出ない状態が長く続いたので、

本当の私と 世の中で持たれているイメージとが、

かけ離れてしまったような気がしたからです。

伝えたかったのは等身大の私。

30代いっぱいかかって、等身大の自分に 少しずつ

自信が持てるようになっていました。

これが私の生き方、自分が理想とするやり方が、やっと

見つかったのかなァ ・・・・・そう思い始めた頃でした。  

 

2000年、武道館ライブで 「」 を熱唱する竹内まりや
http://www.youtube.com/watch?v=U2PWe7AeHZc&feature=related


エレキ.jpg 

。。


その後訪れた40代。

この時期の私は とてもふっ切れていて、気負わずマイペース

で過ごせました。

子育ても一段落。 自分の時間が持てるようになったこともあり、

久しぶりに ステージに立つチャンスも訪れました。もう一度走り

始めてみると、また新たな世界が見えてくるものなんですね。

“おとな” になる面白さを実感し始めた季節でした。

 

明日のない恋」 の ミュージック・ビデオが流れる。
http://www.youtube.com/watch?v=0FWqr-Tm2GY&feature=related

 

bonappetit.jpg        

 


様々な “ラブソング” を作っているうちに、2年前、 私も

50代を迎えました。

今の私の心境を、今度のアルバムのタイトルにつけました。

「Denim (デニム)」 と言います。

mariya007.jpg 


青春を “おろし立てのジーンズ” にたとえるとすると、

年を重ねるにしたがって、そのデニムの “青” も変化して

いきます。

時には糸がほつれ、穴が空くこともあるかもしれない。

でも、若い頃にはなかった “深い味わい” が生まれて

いるはずです。

それはどこか私たちの人生に似ている…そう思いませんか。     

mariya9.jpg 

 

■山下達郎プロデューサーのコメントが入る。(声のみ)

もう30年近く一緒にやっております。彼女のような “シンガーソングライター”の場合、作詞・作曲をすべてひとりっきりでこなしているために、キャリアを積めば積んでいくほど、ともすれば マンネリズムに陥りやすい傾向にありますので、 いかに編曲の面からもフォローして、常に新機軸を打ち出せるかが私の腕の見せどころと思い やってきました。
彼女の歌世界は、ともすれば見過ごしがちな日常を切り取ったり すくい上げたり・・・・・というものが多かったのですが、今回の「デニム」というアルバムは、そこにさらに哲学的なものも加わってくるということで、その部分を いかに大きくドラマチックに光らせるかが私の役目と心得、作業を進めて参りました。「新し過ぎず古過ぎず、時の試練に耐える」・・・・それは 私自身の音楽作りにも通じるテーマだと思っています。
 

     

           

       ◆  ◆  ◆ 


 

「Denim」 の中の大切な曲 「人生の扉」。

この番組のスタッフとともに、楽曲にふさわしい映像を求めて、  

八ヶ岳にある音楽ホールを訪れました。

美しい日本の自然の中で このテーマを表現してみたい、

そう思っていました。      

 

スタッフとともに 八ヶ岳 音楽ホール を訪れ、事前チェックする竹内まりや

     
   


季節は春。
   

もう1ヶ所、どうしても訪ねたい桜の木がありました。 

 

山梨・実相寺を訪れ、神代桜 の下に立ち、満開の桜に感動する竹内まりや

          


50代を迎えたことで、今までとは違って見えてきた
“生きる”

ということそのものが ふと歌になったのが 「人生の扉」 です。

何歳になっても、その都度 その年齢の私が好きだと思える

自分でいたいと感じています。

新しい扉をあけていく勇気が持てる自分でいられるように、

また聴いてくださる皆さんにとってもそうであるように、

という願いも込めて作った歌です。

 


そして、この日出会った樹齢2000年の桜。

その美しさは「人生の扉」のテーマに重なり合って

私の胸を打ちました。

最後にお届けします。

「人生の扉」、聴いてください。

7384293.jpg

  アルバム「Denim」より
 人生の扉 (作詞・作曲 竹内まりや)



春がまた来るたび  ひとつ年を重ね 

目に映る景色も  少しずつ変わるよ

陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く  

気がつけば五十路を 越えた私がいる

信じられない速さで 時は過ぎ去ると知ってしまったら   

どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ

I say it's fun to be 20

you say  it's great to be 30

And they say  it's lovely to be 40

But I feel  it's nice to be 50

7604086.jpg

 

満開の桜や 色づく山の紅葉を  

この先いったい何度 見ることになるだろう

ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ   

ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it's fine to be 60

You say it's alright to be 70

And they say still good to be 80

But I'll maybe live over 90


7518290.jpg


君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように

長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

I say it's sad to get weak

You say it's hard to get older

And they say that life has no meaning

But I still believe it's worth living

But I still believe it's worth living


。。

■訳詞 (直訳と翻訳、お好きほうを お持ち帰りください)

I say  it's fun to be 20 
私は20歳になるのは楽しいと言う → 「はたちの頃ってルンルンね♪」

You  say  it's  great  to be 30 
あなたは30になるのは凄いことだと言う → 「30だって最高だよ」

And  they  say  it's  lovely  to be 40 
また彼らは40になるのは面白いと言う → 「40だって結構愉しいよ♪」

But I feel it's nice to be 50     
でも 私は50になるのが良いと感じる
「そうね、50代も素敵だと思うし」

I say it's fine to be 60        
私は60になるのが素晴らしいと言う
「60だって悪くないわ」

You say it's alright to be 70     
あなたは70になるのは申し分ないと言う
「70なんて元気そのものさ」

And  they say still good to be 80  
すると彼らは80になるのもまだ良いと言う
「80だって まだまだいけるよ」

But  I'll maybe live over 90 
でも、私は90過ぎまで生きるかも知れない
               →
「もしかして私、90過ぎまで生きるかも♪」

I say it's sad to get weak       
私は弱っていくのは悲しいと言う → 「そりゃあ 衰えるのは寂しいし…」

You say it's hard to get older    
あなたは年を取ることはつらいと言う
→ 「老いればつらいこともある」 

And  they say that life has no meaning 
またこうも言う 「人生には意味がないと」
→「人生に意味はない とも言うね」

But  I still believe it's worth living 
それでもなお 私は人生には価値があると信じる
      →「ええ、それでも私 “人生には価値がある”と信じているわ」


mariya004.jpg 

【追記】 


ブログ 始めました (竹内まりや)
http://mariya30th.exblog.jp/

セーター1.jpg

名前の誤記】 について

まりあ でも マリア でもなく 竹内 まりや です。

楽曲同様、彼女の名前も大切にして下さいね。

 

30th album.jpg

 


nice!(11)  コメント(21) 
共通テーマ:音楽

nice! 11

コメント 21

流星☆彡

おお~!再度 再放送が決定しましたか!素晴らしい番組内容でしたもの
ネ♪
それにしても…放送台本が手に入った…なんて、羨ましいな~☆
字幕の歌詞←彼女の手書き文字でしたよね。長年のファン(…の つもり!)
でしたが、彼女が書いた字を まじまじと見られたのは、実は 今放送が
初めてな私でしたので、その点でも 感慨深い番組でした!(*^^)v
また 見ちゃおう!p(#^.^#)q
by 流星☆彡 (2007-05-06 10:25) 

めもてる

明日再放送があるんですね。
有難うございます。放送台本が手に入るなんてすごいですね、内容をUP
いただきダブルでありがとうございます。
by めもてる (2007-05-06 15:04) 

Labyrinth

ありがとうございますぅ! <(_ _)> 録画予約しますわ~
初見なもので ^_^; 
台本部分は後ほどじっくりと拝見致しますね~
楽しみで~す (^^)Y
by Labyrinth (2007-05-06 17:48) 

Hiji-kata

流星☆彡さん  お元気でしたか?
(アップ記事の少ないボクが言うのも何ですが)今までより
ブログ上の活動が少ないので、ちょっとばかり心配していま
したが、お元気そうで安心しました。
いつも 「一番乗り」で来て頂き、足を向けては寝られませんよ。
(実際 寝るとき我が両足は二子玉川方向を向いてます)(^^)v

>字幕の歌詞←彼女の手書き文字でしたよね。
よくご存知ですね。そんな情報はどの辺りから仕入れて
来られるのでしょうか? いつもながら感心します。

最初に言ったことと矛盾すると思われるかも知れませんが、
お互い “パソコンのやり過ぎ” には注意しましょうね(^^)
医学的に見て、パソコンは眼精疲労、肩凝り、腰痛などの
元凶で、体にとって「百害あって一利なし」らしいですから。
by Hiji-kata (2007-05-06 20:06) 

Hiji-kata

めもてる様  いらっしゃいませ!
私のブログは古い映画の記事が
結構多いのですが、たまに “最新の
情報” がアップされることもあります(^^)v
お役に立てばうれしいです。
あすの「SONGS」、私も楽しみです。
by Hiji-kata (2007-05-07 00:42) 

Hiji-kata

Labyrinth様   いらっしゃいませ。 

「SONGS」ですが、既に三回の放送が終了し、
もうオンエアはないことになっていたのですが、
突然NHKから “あと二回やる” という発表が
ありました。
その背後に、NHKに届いた膨大な量のメール
やファックスや郵便物・・・・・・そういう全国から
届いた熱狂的な声が、あのお固いNHKを動か
すことが実際にあるんですね(^^)v
by Hiji-kata (2007-05-07 01:23) 

チヨロギ

再々放送のお知らせ、ありがとうございます!
今度こそ録画予約をして、しっかり観て聴きたいと思います。
放送台本も、じっくり読ませていただきました。
 >人生って無駄なものは何もないんだなあと つくづく思います
そうですよね。人生のキャリアを積んだ彼女が言うと、なおさら重みを感じます。
ところで、NHKは「新生プラン」以降、視聴者の声によく応えようとしていますね。
私の好きな『新選組!』で異例の続編が制作発表された時も、
「視聴者の皆様の声にお応えして」というのを繰り返しアピールしていました^^;
(実際、続編希望の署名運動も起きていたんですよ~)
いい番組は、何度でも見せてほしいですよね^^
by チヨロギ (2007-05-07 02:23) 

Hiji-kata

deacon_ blue様
来て頂いてうれしいです。
nice!ありがとうございました。
by Hiji-kata (2007-05-07 13:23) 

Hiji-kata

チヨロギ様  いらっしゃい!
「竹内まりやのキャリアの重み」・・・・同感です(^^)
彼女の、内側から自然ににじみ出ている“貫禄”は、
短時間では決して身に付かない 「長年かけて培わ
れた実力からくる静かな自信」なのでしょうね。
今回の番組を分析してみて、長い年月の中を生き
抜いてきた彼女の “したたかさ” を強く感じました。
さり気ないけれど自己主張はしっかりやるよという
強靭なアーティスト魂が見事で、勉強になりました。

NHKの「視聴者の声に応えようという努力」
・・・・いい傾向ですね(^^)
『新選組!』の続編が作られた原動力のひとつに、
「署名運動」があったことはよく知られた事実ですが、
三谷幸喜のアーティスト魂が、多くの人々との間に
築き上げた関係は、そのこと自体が歴史と言えるほど
偉大で幸福な関係のように、ボクには見えました。
by Hiji-kata (2007-05-07 14:41) 

あじゃあじゃ

竹内まりやさんがテレビに出てるなんてびっくりです!!
ありがとうございます!必ず見ます!!
by あじゃあじゃ (2007-05-07 22:35) 

Hiji-kata

はじめまして
こちらこそ コメントありがとう!
「SONGS」お楽しみ下さい(^^)
by Hiji-kata (2007-05-08 04:52) 

かおり

前の記事でこの番組を知り、この記事で再放送の情報をいただき
昨日の放送を録画することが出来ました♪
さて!今夜見られるかなぁ~
Hiji-kataさん、ありがとうございました^^
by かおり (2007-05-08 16:03) 

うわあ!貴重なものをアップしてくださってありがとうございます!!
夕べのは見逃しましたので、ひとまず文章にて堪能いたしました。
明朝分は忘れずに予約したいと思います^^
それにしても、52歳というのに驚きました!
最近のまりやさんの写真、見たことが無かったのですが、今もチャーミングなのですね〜♪
by (2007-05-08 16:03) 

Labyrinth

録画しておいたものを観ましたよ~(^-^)b ありがとさまでした。

本当にしっとりと落ち着いた語り口で、見事でしたね~
時を経ても 彼女の作り出すものには変わりがなくて・・・(良い意味で!)
そして、みじんも “老い” を感じさせないのは素晴らしいです!

ライヴがあるなら是非行きたいな♪と思いましたが
やはりチケット取りも困難を極めるのかなぁ (´0`)
by Labyrinth (2007-05-08 16:30) 

Hiji-kata

青い花様 “強行軍” お疲れさまでした。
もうお体のほうは大丈夫ですか?
お疲れにも拘わらず、さっそくのご訪問 恐縮です。

地勢的にも歴史的にも、瀬戸内海は 「日本の地中海」。
地図を俯瞰すると、青い花御一行の今回の旅は、
さながらスペイン→モロッコ→エジプト→ギリシャの長征を
思わせる “壮大なロマン” を感じました。
今回の「SONGS/人生の扉」にも、“竹内まりや” という
アーティストがたどって来た軌跡とか道程を、風雪に耐え抜
いてきた孤高の神代桜(しかも満開)の姿を借りて、さり気なく
表現しているところなどに 何度もうなりました。
そこに “時の作り出す壮大なロマン”を感じたりしたのですが、
“空間のロマン”達成直後の貴女には、どう映りましたか?(^^)
by Hiji-kata (2007-05-09 05:12) 

Hiji-kata

梨花様  いらっしゃいませ!

>それにしても、52歳というのに驚きました!
はい、素人眼にも、「すごくケアが行き届いてるな」
って思いました。そして、十分チャーミングでした!
ユーミンも若いですが、まりやも負けてないぞと
思った次第です!
(ここは平等に褒めておかないとね)。。。。(^^)/

山下・竹内夫妻は、今回NHKに、ここまでしてもらった
のですから、よもや紅白を逃げることはないとは思うの
ですが・・・・・とにかく年末が楽しみです(^^)
by Hiji-kata (2007-05-09 05:16) 

Hiji-kata

Labyrinth 様  
まずは録画おめでとうございます(^^)v
この「SONGS第1回」は、いろんな意味で「永久保存」
の価値有り、だと思いますよ。
その貴重な記録に成功されて、自分のことのように
うれしいです。

>本当に「しっとりと落ち着いた語り口」で見事でした。
まったく おっしゃる通りだと思います。
彼女の「しっとりと落ち着いた」その語り口は、まさに
ホンモノで、説得力(信頼感)がありました。
彼女に限らず、人の魅力って「落ち着いた雰囲気の中で、
その人格が醸し出す信頼感」から生まれるものなんだなァ
などと、番組を観ながらつくづく思いました。
by Hiji-kata (2007-05-09 05:33) 

ryus_cafe

こうして文字を追っているだけでも、素敵な番組であったことが伝わって参ります.*:。.☆
年齢を重ねてゆく度、自らの命と真正面から向き合っていかないといけなくなって……命というものを実感してゆく、という感じでしょうか。
そんなリアル感から、深夜、フトわけもなく涙があふれてしまいそうになったり……そんなちょっぴり恐れにも似た感情が、まりあさんの語りを読んでおりますと、フ.*:。.☆と、強張っていた感情がほどけてゆくような、逆に微笑みさへ浮かんでくるような感情がわきあがって参りました。
"誰にでも分かる平易な言葉を連ねていって、最終的に情景が見えるような歌を作るのが理想……"
私にはもちろんまりあさんのような才能は全くもってございませんけれど、それでも言の葉を綴る時にはそんな感情をいつもそっと心に忍ばせております。

Hiji-kataさんの記事は、いつも心をふうわり上向きにさせてくれます.*:。.☆
by ryus_cafe (2007-05-26 02:00) 

Hiji-kata

ryus_cafe 様  いらっしゃいませ!
今回の記事には、ボクの言葉・メッセージはありません。
あるのは、アーティスト 「竹内まりや」 の言葉だけです。
そこに、ボクの彼女に対する尊敬の気持ちを込めたつもり
ですが、それを念頭に読んで頂き、感謝いたします。

「年齢を重ねてゆくたび、自らの命と真正面から向き合って
・・・・命というものを実感してゆく」 と書かれてますが、ボクの
場合は全く逆で、だんだんそうでなくなってきたようで怖い(笑)
・・・・若い時のほうが、そういうことについて深く思索をめぐらし、
読書に没頭した記憶があります。
若い時は、精神的にもフレッシュな感受性が漲っていて、
人生に関して深く考えたり、理想の実践を強く希求したり、
精神的放浪を繰り返したり・・・・・まあ、ボクにも色々ありました(笑)

ヘッセの 「シッダ-ルタ」と「知と愛」。
これらは、二十歳のころ熱烈に愛読し、激しく感動した本だったはず。
でも、この前 読み返してみると、さほど感動が湧かないのに寂しさを
通り越して脱力してしまいました(^^)
by Hiji-kata (2007-05-26 13:23) 

ぱんだ

「人生の扉」曲も歌詞もいですよね☆
最後の
「I say it's sad to get weak
 You say it's hard to get older
 And they say that life has no meaning
 But I still believe it's worth living」
がすごくいいです。
年寄ること、弱っていくことは大変だけど、
だけど、生きることには意味がある。

苦しみを受け止めた上での、この言葉が
感動です☆
こちらでも記事を書いてみました。
よろしかったらお越しください☆
http://blog.goo.ne.jp/pandagananda16/
これからもよろしくお願いします(^-^)/
by ぱんだ (2007-08-08 22:34) 

Hiji-kata

ぱんだ様  ようこそです。
この記事、楽しんで頂けたようで、
何よりでした。
by Hiji-kata (2007-09-12 14:08)